Sunday, Jul 22nd

Last updateThu, 19 Jul 2018 9am

You are here: Home 寺島文庫塾 寺島実郎戦略経営塾 第6期寺島実郎戦略経営塾・第2期関東戦略経営塾 (第4回講義 合同開催)

 

   ~少数精鋭で時代を考え、あらゆる変化に主体的に行動する経営者の育成を目指して~

  寺島実郎戦略経営塾は、寺島文庫を基点に中堅企業経営者、次世代経営者の育成と相互連携を通じた日本の産業力強化を主な目的として、2011年に誕生しました。
   本塾は、①経済・産業等の在るべき姿といった思想の探求、②各経営者の経営の基軸を踏み固めるための世界観、歴史観の深化、③寺島塾長が参画する産官学各界の各種活動との連携による未来志向の問題意識の共有、④塾生の主体的な参画を通じた塾生間のシナジーの創出を実現する場として着実に進化しております。
   また、昨今では各地域における経営者育成を通じ、地方創生に向けた取り組みへも参画しております。この活動を、日本経済の現場を担う経営者の志の高いネットワークとして、大きな運動体に成長させていきたいと考えています。


 ☆「寺島実郎の未来先見塾-時代認識の副読本」(毎週金曜日よる8時59分よりBS11にて放送)へ、
  戦略経営塾塾生がご出演されました

  本塾の様子も紹介されておりますので、下記リンクよりご視聴ください。


  <2015年9月11日(金)放送>
  http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46126

 

◇寺島実郎戦略経営塾へのお問合せはこちらまで


 6期寺島実郎戦略経営塾・第2期関東戦略経営塾 (4回講義 合同開催)
  
 第1部講師 : 関 志雄 氏(野村資本市場研究所 シニアフェロー)
 第2部講師 : 寺島実郎 塾長
 2017年2月28日(火) 会場:日本工業俱楽部会館

 2017228日(火)、日本工業倶楽部会館(千代田区丸の内)を会場に、東京戦略経営塾・関東戦略経営塾第4回講義が合同開催されました。

 第一部では、関 志雄氏(野村資本市場研究所 シニアフェロー)が「中国経済の新常態」をテーマに講義しました。

続く第二部で、寺島塾長は冒頭、BREXITと米国大統領選挙の話から2017年と向き合う際の重要なキーワードの一つとして「ポピュリズム」をあげ、トランプ大統領誕生の背景に格差に苦しむ白人貧困層の存在、そして彼らのご機嫌取りのような政策がもたらす大衆迎合主義と訳されるその危うさを指摘しました。

 

IMFの世界経済見通し」からBREXIT後の英国と欧州、BRICsの二極化、日本が向き合うべき「アジアダイナミズム」の重要性に触れ、日本海物流シフトの現状と圏央道がもたらす「対流」の持つ意味について語りました。加えて、BREXIT後の英国と欧州でメイ首相への視座、明らかになりつつあるトランプ政権の実像、その政策の危うさと米国の方向性について述べ、日本の立ち位置と今後の向き合い方、進む内向き日本の現実について確認すべきことで話を終えました。