Tuesday, Mar 26th

Last updateWed, 13 Mar 2019 12pm

You are here: Home 文庫Café イベント・研究会 情報

<日本総合研究所 政策科学研究会 研究報告>


一般財団法人日本総合研究所では、「政策科学研究会」を定期的に開催しています。今回は、木平浩介氏(三重県庁より研修中)の報告概要を掲載いたします。

■「2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた次世代交通システムに関する基礎研究」
【寄稿】木平 浩介氏(日本総合研究所 理事長室)

 日本総合研究所では、2013年11月から産官学のキーマンにご参画いただき、「21世紀自動車社会の未来に関する体系的研究委員会」を発足させました。同委員会では、30~40年先のあるべき「創造的な自動車社会」の具体像を描き出し、その実現に向けて必要とされる制度的・政策的な改革に資する提案を行うことを目的に研究活動を進めています。
 研究活動の一環として、私は2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向けた次世代交通システムの構築に関する基礎調査を行っており、5月16日(金)に開催された日総研の政策科学研究会で現在の進捗状況や内容について報告致しました。
 オリンピック憲章には、オリンピック・パラリンピックの「レガシー(遺産)」を開催国や開催都市に残すべく様々な取り組みを推進すべきと規定されており、交通システムについても、オリンピック・パラリンピックの円滑な運営への寄与はもちろんのこと、「オリンピックレガシー」として国内外の都市づくりの範になるような新たなモデルの提示が求められています。現在、高齢者、障がい者や乳幼児同伴者など、移動にハンディキャップを抱える方々のモビリティ促進や地域の観光資源への訪日外国人のアクセス促進等を目的とした施策例の検討を進めています。
 東京オリンピック・パラリンピッのスローガン、“Discovery Tomorrow”が示すように、2020年には誰もが未来をつかむことができ、世界で最も先進的で安全な都市の中心でダイナミックな祭典が開催されることを願いながら、サスティナブルで安定的な支えとなる次世代交通システムの構築に向けた調査・研究を深めていきたいと考えています。

<みねるばの森Caféセミナー 報告part2

■健康寿命を延ばすロコモティブシンドローム対策 ~いつまでも活動できるカラダづくり~


  今回のセミナーでは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群、通称:ロコモ)対策が紹介されました。
 ロコモとは骨、関節、筋肉等の衰えにより、快適な暮らしを送ることが困難になる症状です。セミナーでは、骨量チェックやロコモ度チェックを行うことで、参加者自身に現状を把握していただき、ロコモ予防のトレーニングを実践しました。
 その後はカロリーを抑えつつ、ロコモを予防するたんぱく質・カルシウムを豊富に含む「健やかごはんセット」(ひじきご飯、豆腐のたらこ煮、豚肉と海苔とチーズの重ね焼き、青汁の豆乳白玉)が提供されました。
 新たな社会参画には健康維持が重要です。日常生活上のちょっとした気配りでロコモティブシンドロームの予防ができることを、参加者に実感していただきました。

 

 <みねるばの森Café セミナー>


■「アクティブな大人のための健康法(予防医療の実践)」
 主催:NPO法人みねるばの森 共催:株式会社ファンケル・寺島文庫


● 第1回「予防医療の大切さ」 
-病気にならない人の「考え方」とは- 

 
 第1回の講座として2014年9月28日(土)に株式会社ファンケル予防医療事業推進部の学術マーケティングプロデューサーである金魚伸之氏にご講演をいただきました。講演の中で金魚氏は、事前に自分の体の状態を十分に把握し、「健康~未病」の段階で病気を防ぐ「予防医療」の考え方とその実践の必要性を説き、「栄養バランスのとれた食事」、「適度な運動習慣」、「質の良い睡眠」を意識した「健康サイクル」を作ることが大切であると語りました。後半には健康カウンセラーも交え参加者の健康に関する質問にも答えながら盛況のうちに講座を終了しました。

 

 

■東京在勤の全国自治体職員の勉強会
 「(暫定)東京輪ゴムの会」

 2013年7月24日(水)、空き家対策をテーマに今年度第3回目の会が開催されました。講師を務めた金沢市東京事務所・今川良太氏から全国的な空き家の動向や背景にある様々な課題、金沢市の空き家活用事例などのプレゼンテーションの後、意見交換が行われました。
 参加者それぞれの実務経験も踏まえながらの議論は、空き家の増加による安全管理やまちの魅力低下などの問題点、また空き家を有効活用することによる地域活性化の可能性など多岐に渡りました。
 どの意見にも、その背景に人口減少に向かう中でこのまま手をこまねいていては都市の活力が失われてしまうという危機感と、創意工夫により問題を解決していかなければならないという自治体職員としての意識が窺えました。中には、現在の都市の規模を維持していくことの困難さは理解しながらも簡単に周辺地域を切り捨てることはできない葛藤があるとの指摘もあるなど、自治体職員の地域の担い手としての責任感と地域への愛着の感じられる会となりました。
※(暫定)東京輪ゴムの会へのお問い合わせは、
 This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. (担当 岩崎)へお願いいたします。

寺島文庫留学生支援
東アジアの将来をまじめに考える会 「東アジア共同体の展望と障害」
2012年4月21日(土) 会場:文庫Caféみねるばの森

  2012年4月21日(土)文庫Caféみねるばの森にて国際交流基金所属の丁寧氏(中国出身)を中心とした有志(中国人留学生、日本人大学生、大学教授等)が集い、「東アジアの将来をまじめに考える会」が開催されました。本会では、「東アジア共同体の展望と障害」と題して寺島実郎の講演も行われました。文部科学省・日中韓大学間交流・連携推進会議委員、同省・大学の世界展開力強化事業準備会合委員を務める寺島は、日中韓のみならず東南アジアを含めたキャンパスアジア構想(単位相互認定)について欧州のエラスムス構想、EU誕生の経緯を例に挙げ、相互不信が存在するアジアでも段階的接近法として若者の交流が不可欠であり、「東アジア共同体」と唱えるだけでなく、連携し実利を積み上げていくことの重要性を語りました。

  また、経済面ではアジアのGDPは世界GDPの3割に迫り、インドの経済成長もあり近い将来5割を超す。例えば中国の自動車販売台数は1,800万台を超え、インドも300万台を超え、近い将来800万台を超える。インドの人口も10年後には中国を抜く。つまり、ビジネスモデルにおいてもアジア諸国との連携・相関が不可欠であり、今の若者はどのような職業に就いても、モノ、ヒト、カネの動きにおいて中国やインドをはじめとしたアジアダイナミズムと向き合わざるを得ないと語りました。

   後半は人流面のアジアダイナミズムを日本がいかに取り込むかについて、「中国の海外渡航者数は2011年で7,025万人(内5,000万人は香港、マカオへ渡航)に達しており、衰退が予想された香港経済は本土の中国人海外渡航者の消費により支えられている。日本は観光立国を掲げ、訪日外国人3,000万人を目指しているが、その8割は中国人を中心としたアジア人である。少子高齢化の日本は訪日外国人・移動人口を増やすことが必要で、ただ秋葉原や銀座の買物客、温泉地の観光客を取り込むのではなく、パリにIEAやアラブ世界研究所等の人が集積する「装置」があるように、日本も人が「行かねばならない装置」を創り、情報価値を求めた問題意識と熱意のある観光客を取り込む必要がある。」と語りました。

   講義後は、中国人留学生・メディア関係者との東アジア連携への実現に向けた活発な質疑応答が行われ、最後に、日本における留学生の就職支援・交流支援を軸とした寺島文庫のNPO法人設立構想が寺島より紹介され、講義は終了しました。